新築一戸建て 頭金 平均

新築一戸建て、頭金の平均額!

新築一戸建ての購入にあたり、頭金をどれぐらい用意したらいいのかと世間一般的な平均額が気になると思います。

 

 

 

一般的に頭金は物件価格の2割程度は必要だと言われていますが、個人個人の年収で変わってくるかと思います。

 

 

 

中には「新築一戸建てを頭金なしで購入できます」と頭金がなくても購入が可能だということを宣伝しているところもあります。

 

 

 

しかし頭金がないと沢山お金を借りることになりますし、今後住宅ローンの金利が上がる可能性、変動金利の悪化、給料が減ってしまった場合に頭金が一切ない人は返済金額が一気に上がり、返済が滞ってしまうという可能性がありますので可能であれば頭金は用意しておく方がいいです。

 

 

 

ただ借り入れを少なくする為、頭金を無理してしまい手元にお金がないのは考えものです^^;

 

 

 

家を購入する際に建物の本体価格に加え、その他の諸費用も必要になってきます。

 

 

 

手持ち金が一切ないということでは困りますから、貯金の全額を頭金には使わない方がいいです。

 

 

 

頭金は個人個人の年収によって異なりますが、頭金で最も多い価格帯は100万円以上〜500万円未満なようですね。

 

 

 

 

※一般的にローンは年収の5倍までが限界だと言われています。

 

 

 

ローンがいくらまで借りられるのではなく、

 

 

 

そのローンで支払いが可能なのか、無理なく返済をしていくことができるのかなどローンの支払いやすさを考えて検討する必要があります。

 

 

 

頭金がなし、頭金が500万円の場合など事前にシュミレーションを行い、無理なく購入できる物件を選んで下さい。