新築一戸建て 選び方

新築一戸建ての選び方

新築一戸建てを選ぶ上で様々なポイントがありますが、しっかりとポイントを押さえておかないと納得のいく物件にであえないどころか購入してから後悔してしまうことになります。

 

 

 

まず新築一戸建てを購入する際は、土地の条件と建物の条件が良いものを選ぶ必要があります。

 

 

 

どんなに立地条件が良くても、建物の条件が悪ければ快適に暮らすことはできませんし、不具合やトラブルを引き起こす可能性が高いです。

 

 

 

そして建物自体が良くても、立地条件が悪いと何かと不便に感じてしまい快適に暮らすことは難しいのです。

 

 

 

新築一戸建てを建てる時に、まず土地選びで迷われるのではないでしょうか。

 

 

 

建売住宅の場合は物件が建っている場所、注文住宅の場合はどこに建てるのかという問題に直面します。

 

 

 

土地を選ぶ上で、価格を重要視される方も多いのではないかと思いますが、

 

 

 

利便性、将来性、その土地は以前どのように使われていたのかなどの色んな視点から総合的に判断された方がいいです。

 

 

 

ただ全てにおいて完璧な土地はごく稀だと言われており、土地選びを慎重に行ったはずなのにいざその土地に住んでみると少なからず不便に感じてしまうことはあるようです^^;

 

 

 

場所選びでよくある失敗談を集めてみました^^;

 

 

 

・道路の歩道が狭い上に交通量が多く大人でも危険だと感じる。
子供がいるのでもっと安全な場所に住まいを購入すればよかった。

 

 

 

・駅が近く交通の便利が良い土地を選んだものの、道は常に混んでおりなかなか時間通りにつかない。

 

 

 

・立地条件は良いものの1つ欠点をあげるとしたら、玄関のすぐ前に道路があり通路の水はけが非常に悪いので雨の日は困る。

 

 

 

・住宅街を選んだものの、周りに何もなく病院も遠い。

 

 

 

・家の目の前がゴミ置き場で特に夏はゴミのにおいが気になる。

 

 

 

などの失敗談があります^^;

 

 

 

また新築一戸建てを選ぶ上で、どの建築会社に依頼するのかということも重要なポイントになります。

 

 

 

建築の依頼先には大きく分けて、住宅メーカー、工務店、設計事務所の3つがありますが、工法や建築方法も異なりますのでそのようなことも含めた上で選ぶ必要があります。

 

 

 

土地と建物のバランス、その土地の環境、コスト面も含めて選ばれていくといいです。