新築一戸建て 値引き

新築一戸建ての値引き

新築一戸建ては一生に一度であろう大きな買い物です。

 

 

なるべくなら安く購入したいと考える人が大半ではないかと思いますが、値引き交渉は可能なのでしょうか。

 

 

そもそも値引き交渉はするべきか?と値引き交渉をためらってしまう方もおられるようですが、値引き交渉はするできです。

 

 

ただ、値引きに応じてもらえるかはその業者次第なところがあります。

 

 

値引きに対する考え方も会社によって異なりますので、一切値引きに応じない会社もあれば、常に大きな値引き額に応じているような会社もあります。

 

 

値引きに応じない会社では「当初から出している見積もりはすでに値引いた額の為、これ以上値引きはできません」などと言われ1円の値引きにも応じないかわりに、サービスで何か付けてくれたりすることはあるようです。

 

 

一方常に大きな値引きを行っていたり、明らかに異常だと思えるような値引きを行っている場合は前もって見積もり額に値引き分を上乗せしている場合もありますので注意しなければなりません^^;

 

 

そして値引いても売りたい、今売ってしまわないと困る場合は大きな値引きが行われる時ですが、その物件に問題はないのか、いい物件なのか、と冷静に考える必要があります。

 

 

値引き交渉はするべきですが、予算がオーバーしているからといってあまりにも無茶な値引き交渉はするべきではありません!

 

 

 

建売物件の場合はすでに建っていますので問題はないと思いますが、これから建てる家なら注意しなければならないのです。

 

 

 

値引きの分をどこかで帳尻を合わすため材料の質を落としたり、手抜き工事をされる可能性があります。

 

 

 

そして値引きの分、利益が低いことがわかっている状態から建設が始まりますので、職人のモチベーションの面にも少なからず影響するのではないかと思います。

 

 

 

新築一戸建ては大きな買い物ですから、値引き額に惑わされてしまうかもしれませんが、あまり値引き額に惑わされると冷静な判断ができなくなりますから注意して下さい。